本紙紙面

2019年4月25日配信

【専門店かく闘えり 344】インテリアにしやま(和歌山県和歌山市)
顧客と強固につながることで
既存客メインの事業展開を実現
「新築」より「縁側」を大切に



 カーテンビジネスにおいて、メインとなるターゲットは新築ユーザーである。
 新築時に必ず必要になるカーテンは、目に見える需要でありボリュームも大きい。
 そこを狙った業態として前売り型のカーテン専門店は拡大していったのだが、近年になって新築着工数は低迷、またニトリをはじめとする価格訴求型ショップ、さらにはネット通販ショップの台頭により市場構造も大きく変化、カーテン専門店にとって新築ユーザーを軸にしたビジネスモデルは行き詰まりつつある。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。