業界ニュース

2020年6月23日配信

「京織ふすま紙」のブランド発信を目指し「山城織物協同組合」設立

「京織ふすま紙」
「京織ふすま紙」

 京都府木津川市内の企業4社(森本織物(株)、小嶋織物(株)、丸由産業(株)、山﨑内装工業(株))は、平成30年度より木津川市で生産された織物襖紙やその素材を活用した二次製品を「京織ふすま紙」としてブランディングを図るプロジェクトに取り組んできたが、さらなる「京織ふすま紙」のブランディングを推進するべく、このほど「山城織物協同組合」を設立した。

 京都府木津川市の織物襖紙は、全国シェアの約8割を占める地域に根付いた産業であるが、日本の住宅状況の変化にともない和室・襖の需要が減少、市内に13社あった企業が現在では6社にまで減少している。時代の変化や新しいニーズに対応し、技術を磨いてきた先人に習い、伝統を守り継いでいくためにスタートしたのが「京織ふすま紙」のブランディングである。今回の「山城織物協同組合」設立でより「京織ふすま紙」ブランドの発信力を強化していく。代表は森本織物(株)の森本昌利氏。

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。