業界ニュース

2020年4月1日配信

インテリア産業協会 IC・KS資格試験の結果を発表



 (公社)インテリア産業協会は、2019年度(第37回)「インテリアコーディネーター資格試験」、および2019年度(第32回)「キッチンスペシャリスト資格試験」の結果をこのほど発表した。

 2019年度「インテリアコーディネーター資格試験」は、一次試験を2019年10月13日(日)に、二次試験を2019年12月8日(日)に実施した。また台風19号の影響により中止になった会場では、一次試験、二次試験の再試験を実施した。

 再試験を含む試験実施結果であるが、一次試験は「学科」科目の試験を実施し6992名が受験(申込者数9606名)し2428名が合格した。合格率は34.7%だった。二次試験は、「プレゼンテーション・論文」科目を実施し、今年度の一次試験に合格し二次試験の合格を目指す受験者2303名と一次試験免除措置受験者1630名の合計3933名が受験し、1896名が合格した。一次・二次試験を受験した計7561名に対する合格率は25.1%だった。

 合格者の概要であるが、今年度の合格者の性別割合は女性が82.0%であり、女性の比率の高い傾向が続いている。年齢別割合では39歳以下が70.0%で、若い世代が多数を占める傾向が続いている。最年少合格者は17歳、最年長合格者は66歳だった。
 また合格者の地域別割合は、関東甲信越地区が39.5%を占め、次いで関西地区の18.4%、中部地区14.2%の順で、大都市圏を含む3地区の合格者が全体の72.1%を占めた。

 一方の「キッチンスペシャリスト資格試験」は、2019年12月8日(日)に全国12地域で実施、「学科」では申込者数661名のうち560名が受験し、285名が合格した。合格率は50.9%。また「実技」については申込者数772名のうち626名が受験し、241名が合格した。合格率は38.5%。
 一方、「学科」と「実技」を通じて受験した資格取得対象受験者は703名で、合格者は222名で合格率は31.6%だった。

 合格者の性別割合の構成では、女性が72.1%、男性が27.9%であり、女性の比率の高い傾向が続いている。合格者を年齢別でみると39歳以下が64.8%で若い世代が多数を占めている。最年少合格者は20歳、最年長合格者は63歳。
 また、同合格者の地域別割合は、関東甲信越地区が50.9%と約半分を占め、次いで、中部地区の16.2%、関西地区の11.3%の順で、大都市圏を含む3地区の合格者が全体の約80%を占めた。同様に勤務先(派遣先等含む)の主な取扱品目では、キッチン関係である住設機器類(キッチン・バス関連、空調等)が36.9%、新築とリフォームが同数の21.6%となっており、両業種で全体の約80%となっている。

 なお2020年度の試験実施日は、「インテリアコーディネーター資格試験」一次試験が2020年10月11日(日)、二次試験が2020年12月6日(日)、「キッチンスペシャリスト資格試験」が2020年12月6日(日)を予定している。

インテリア産業協会のホームページ
https://www.interior.or.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。