業界ニュース

2019年10月17日配信

川島セルコン 「カルティエ、時の結晶」展に協力

序章「時の間」の空間
序章「時の間」の空間

 (株)川島織物セルコンは、12月16日(月)まで国立新美術館で開催中の「カルティエ、時の結晶」展(主催:国立新美術館、日本経済新聞社/特別協力:カルティエ)の会場を構成するファブリックを提供した。

 「カルティエ、時の結晶」展の会場構成を手がけるのは杉本博司氏と榊田倫之氏による新素材研究所。展覧会のプロローグとなる序章「時の間」では、新素材研究所と川島織物セルコンが共同開発したファブリックが幻想的な空間を彩っている。

 新素材研究所としても初めての試みであるファブリックを用いた空間表現として、「鉱石が眠る深い地底にわずかな光が差し込むイメージ」を、川島織物セルコンが誇る織技術を駆使して制作した。
 天井から筒状に垂らされスポットを当てられた12本の光の柱には、風通(ふうつう)織(二重織)を採用し、約8メートルのグラデーションを実現した。また暗闇を表現した黒いファブリックは西陣織の「羅」の透け感をイメージして制作、透過度の高い黒色のファブリックを重ね合わせることで空間の奥行を表現した。西陣の伝統技術「引箔(ひきばく)」を応用してラメ糸を織り込み、ジュエリーにも似たきらめきも表した。

■ファブリック概要
光柱(白いファブリック)
組成:ポリエステル100%
種別:ジャカード織物
概要:風通織という二重織の組織を用いたファブリック。上部から下部に掛けて光の透過量に連続的な変化を持たせるため、ファブリックの厚みに変化をつけ、8 メートルのグラデーションで表現した。

暗闇(黒いファブリック)
組成:ポリエステル100%
種別:ジャカード織物
概要:羅のような透け感をイメージし、緯糸に光沢のあるフィルム糸を使用してきらめきを表現したジャカード織物

「カルティエ、時の結晶」展公式サイト
https://Cartier2019.exhn.jp/
川島織物セルコンのホームページ
https://www.kawashimaselkon.co.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら