業界ニュース

2019年7月29日配信

50周年を記念して「大アクタス博 1969-2019.Beyond50」開催

大アクタス博の会場
大アクタス博の会場
山の上ホテルに納入したソファ
山の上ホテルに納入したソファ
皆川明氏のファブリックを採用
皆川明氏のファブリックを採用

 (株)アクタス(休山昭社長)は、1969年東京・青山に同社の前身である「ヨーロッパ家具・青山さるん」をオープンして50周年を迎えたことを記念して、東京・外苑前のアクタス・青山店で、2日間限りのミュージアム「ACTUS ART MUSEUM大アクタス博」を、さる7月27~28日に開催した。

 これは、現在のアクタス1号店に当たる店舗が、ちょうど50年前の1969年7月26日、たった7人のメンバーで始めた北欧輸入家具専門店「ヨーロッパ家具・青山さるん」として、東京・青山学院近くにオープンしたことを記念して、“過去の50年間に敬意をもち、未来のアクタスを創っていく”というテーマで、創業当時から現在までのエピソードを、50年分の写真、当時の販促ツールなどのグラフィック、エポックメイキングとなった商品、ノベルティグッズなどを使って紹介するとともに、700人の現役スタッフが好き勝手に考えた「アクタスの未来予想図」や、休山社長と各分野における著名人の対談映像コンテンツ「あの人と語るこれからのアクタス」等によって、100年目に向かうアクタスのこれからの姿を伝えることを狙ったもの。

 会場には、アートディレクターは、‘64東京オリンピックの第2号・第3号のポスターフォトディレクションをつとめた村越襄氏が手掛けた「青山さるん」創業当時の新聞広告、アクタスが1970-80年代にかけてIKEAの日本総代理店をおこなっていた当時のカタログ、いまやインテリアテキスタイルとしても地位を築きあげた、ミナペルホネンのデザイナー皆川明氏のファブリックを、家具として初めて採用したフリッツハンセン社のスワンチェア、文豪たちの定宿として著名な東京・お茶の水の山の上ホテルに、1973年にアクタスが納入し、ラウンジで使い続けられているノルウェー・バットネ社のソファなどなど、貴重なツールやプロダクトが一堂に集められた

 なお、同社では、日ごろの感謝をこめて、704名のアクタススタッフ全員で考えた、大人にも子どもにも喜んでもらえる50個の感謝の企画『50周年50のありがとうキャンペーン』を全国のアクタス直営店、スローハウス各店で開催している。詳しくはキャンペーンサイトにて。

『アクタス50周年記念50のありがとう』キャンペーンサイト
https://www.actus-interior.com/news/1907special50/
アクタスのホームページ
https://www.actus-interior.com/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら