業界ニュース

2019年4月15日配信

「日本の素材」がテーマのデザイン展「MATERIAL IN TIME」凱旋展開催


 香港のクリエィティブ施設PMQで昨年9月に開催され、2000名を越える来場者を迎えた「日本の素材」をテーマとするデザイン展「MATERIAL INTIME -PAPER-」(主催:同展実行委員会)の国内初となる凱旋展が、4月26日(金)より東京・表参道のTIERS GALLERY by arakawagrip(荒川技研工業㈱)で開催される。

 色や素材の魅力を引き出すデザインでさまざまなクリエイションを手掛けている、STUDIO BYCOLOR秋山かおり氏がプロデューサーを務める同展は、素材を切り口に日本のクリエイティビティを世界へ発信するプラットフォームとして立ち上げられ、国内からセレクトした企業・デザイナーによる作品や商品を「展示」「販売」「現地クリエイターとのトークセッション」という3本柱で、第1回は「紙」をテーマに6組のデザイナー・企業の作品を展示、12組の企業の商品を販売した。

 東京での凱旋展では、香港での展示を再現、‘EXPLORING’と銘打って、エントランスからギャラリー内を繋ぐまっすぐ一本に続く階段に「紙」によるトンネルを構築。出展者の商品に使用されている「紙」を素材とし、折りや切り込み等を加え、着彩を施し、紙の可能性を探る。開催は、4月26日~5月25日の金曜/土曜(4月26,27日、5月3,4,10,11,17,18, 24, 25日の12:00 - 20:00)となっている。
 なお、「MATERIAL IN TIME」は今年12月、「金属」をテーマに香港の同会場にて第2回を開催予定であるという。

神戸派計画「CIRO」
神戸派計画「CIRO」

TANT「ikue」
TANT「ikue」

薫寿堂×林俊美「HAKO」
薫寿堂×林俊美「HAKO」

 出展プロダクトは下記の通り。
 岡室健「CARDBOARD BOX LIGHT」……新しい技術やアイデアによって、柔らかく優しい風合いを持つ紙の新しい可能性と活躍の場を広げる活動を行う岡室健が率いる‘pages’。紙の未来を作るプロジェクトブランドから生まれた、導電性インクをプリントし LEDを接着した BOX型ライト。開け閉めすることで光が点灯。

 神戸派計画 「CIRO」……神戸の印刷会社とクリエイターが作り上げるステーショナリーブランド神戸派計画。創業以来培ってきた印刷や製本の技術とノウハウを活かし、細部に至るこだわりをもったものづくりを行う。「美しく読む」ための罫線までまっ白なノートCIRO。

 TANT inc. 「ikue」……プロダクトデザイナーとグラフィックデザイナーによるユニットで、ジャンルレスなクリエイティブオフィスとして活動する、TANT inc.。聖書などの書物を金の箔で縁取る「三方金」という伝統技術と、製本の過程を辿って作られたジュエリー「ikue」。伝統を継承し発展させていきたいという幾重にも重なる想いを込めている(本紙インテリアビジネスニュース4月10日号にて既報)。

 broom 「Paper Joint Basket」……井本拓夢と坂本諒介の両氏を中心としたデザインスタジオbroom。「貼合(てんごう)」という加工技術を用いて紙を貼り合わせ、紙にも関わらずまるで成型品のような独特の風合いに仕上げたバスケット。海外販売に適するフラットパックのパッケージも併せてデザイン。

 株式会社薫寿堂 ×林俊美 「HA KO」……日本のお香老舗メーカー薫寿堂が確かな技術力で開発した新しい形の紙のお香。アートディレクター林俊美氏とのコラボレーション。和紙を使用した日本で唯一の葉っぱをモチーフとしたお香。

 STUDIO BYCOLOR ×那須恵子 「katadori」……若き伊勢型紙職人の那須恵子氏と STUDIO BYCOLOR秋山かおり氏がコラボ。本来着物などの染めに使用する道具としての型紙の独特な香りや触り心地を伝えるために作製した照明。伊勢のオオルリを象った型紙から青と白に染められた綿のハンカチーフも展示。

 ALBATRO DESIGN……グラフィック、活版印刷、プロダクト、空間までデジタルとアナログの多角的視点から新しい価値を生み出す、東京を拠点に活動する猪飼俊介氏率いるデザインスタジオ。活版印刷を中心としたアナログ印刷技術を使い、様々な実験印刷による作品を展開。

 Jul 「murmur」……murmurとは木の葉や小川のさらさらという音の意。耳元で和紙がかさこそと言う音より。ワクワクドキドキして心動かし心踊るような、心に訴えかけるものをという想いで制作。1300年の歴史を持つ石川県の伝統工芸「二俣和紙」を用い不安定な一瞬を切り取ったような形状の独特な透け感のアクセサリー。

 MEETS TAKEGAMI……中越パルプ工業㈱による「竹紙」とデザインチーム「minna」のコラボによってスタートしたプロジェクト。可能性を秘めた素材である竹紙と、社会との接点を増やしていくことを目指す。子供の日を祝う新商品「KABUTO」を展示販売する。

「MATERIAL IN TIME」凱旋展
http://materialintime.com/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら