業界ニュース

2019年4月8日配信

「CMFで表現する2019年の色」セミナーが開催

セミナーの模様
セミナーの模様

 「CMFで表現する2019年の色」が、4月4日、東京・渋谷区のナガセグローバル人財開発センターで開催された(主催:BASFカラー&エフェクトジャパン(株)、長瀬産業(株)、PANTONE COLOR INSTITUTE、(一社)日本流行色協会JAFCA)。

 同セミナーでは、まずユナイテッドカラー・システムズの山岸義昭代表が「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2019」に選定された「Living Coral」について紹介した。
 生態系において海洋生物の栄養源であり、シェルターでもある珊瑚礁のカラーをヒントにした「PANTONE 16-1546 Living Coral」は、昨今デジタルテクノロジーとソーシャルメディアが猛烈に発達する中、人に活気を与え、人生を肯定するような、明るい将来を思わせる柔らかなオレンジの色合いとなっており、既にファッションやコスメ、インテリアでも展開されつつある。

Living Coral
Living Coral

 また、続いて登壇した日本流行色協会クリエイティブディレクターの大澤かほる氏は、毎年11月16日「いい色の日」に発表している、「今年の色、来年の色」から、2019年の色として発表した「Awakening Orange」(アウェイクニングオレンジ)について解説。新鮮なオレンジの皮をむいた時に広がるオレンジの香りをイメージしたこのカラーには、覚醒、コミュニケーション、スポーツという3つのキーワードが込められているとのこと。平成から新元号「令和」へと変わる時代の節目に立ったいま、これまでに噴出したパワハラ、セクハラ、ヘイトスピーチなどの負の問題を払拭し、本来あるべき姿に気づき、寛容さを取り戻し、多様性を認め合うこと、また東京オリンピック・パラリンピック開催や高齢化社会において高まりを見せている健康思考といった気分を象徴しているという。

 BASFカラー&エフェクトジャパンのプラスチックチームシニアマネージャーの塩谷正人氏から、「PANTONE 16-1546 Living Coral」をもとにした色見本の展開ついて紹介。さらに長瀬産業も、2つのトレンドカラーを具現化したサンプルの展示が行われた。

アウェイクニングオレンジ
アウェイクニングオレンジ

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら