業界ニュース

2018年12月3日配信

住宅関連3D検定「Space Designer検定試験」申込受付開始


 (一社)コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、住宅関連の設計、3Dパース提案検定「第5回Space Designer検定試験」の申込受付けを11月30日(金)より開始した。

 新築やリフォーム住宅の室内空間デザイン提案では、1回の提案では完結することはなく、クライアントの要望に応じて修正・提案を何度も繰り返し行うことが一般的だ。このため多くの住宅メーカーやリフォーム会社では、クライアントの要望に迅速に応えるためにソフトウェアを活用し、設計図面はもちろんのこと3Dパースによるインテリアを含めた空間デザインの提案書を作成している。また先進的な企業ではVRを使ったプレゼン提案も行われ、3Dパース作成のニーズは高まっている。
 こうした背景の中、「住宅関連の3Dパース画と室内空間デザイン提案書作成スキル育成」を目的に2015年にスタートしたのが、「Space Designer検定試験」である。

 試験の実施方法は課題提出型。公式サイト上で配布された問題に対して、基礎課題、応用課題の順でパース画と提案書を作成し、期限内にアップロードする。学校、職場、自宅などで受験可能。試験期間は2019年2月5日(火)~2月14日(木)。申込期限は2019年1月15日(火)。受験料は1万6200円(税込)。団体(10名以上)は1万2960円(税込)。

 また同試験に先立ち、(株)町田ひろ子アカデミーとの共催による「3DインテリアデザイナーNeo講座」の基礎編を2019年1月10日(木)、応用編を1月24日(木)に町田ひろ子アカデミー東京校にて開講する。建築図面やインテリアの知識(インテリアコーディネーターと同等の知識)を有する者を対象に、3DインテリアデザイナーNeo3を使い3Dパース作成の基礎、モデリングおよび表現力を効率的に学び、「Space Designer検定試験」に必要となる基礎的なスキルを習得する講座となっている。受講料は1日のみ2万6000円(税・教材込)、2日間で4万8000円(税・教材込)。

町田ひろ子アカデミーとの共催による「3DインテリアデザイナーNeo講座」
町田ひろ子アカデミーとの共催による「3DインテリアデザイナーNeo講座」

「Space Designer検定試験」詳細
http://www.acsp.jp/sd/
「3DインテリアデザイナーNeo講座」詳細
https://www.machida-academy.co.jp/course/course-seminar/3d_interior/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら