業界ニュース

2018年11月16日配信

JAFCA 2019年の色「アウェイクニングオレンジ」を発表

2019年の色
2019年の色

 (一社)日本流行色協会(JAFCA/宮﨑修次理事長)では、毎年11月16日の「いい色の日」に、その年と、来るべき新年を象徴するカラーを発表しているが、このほど「2019年の色」として、「アウェイクニングオレンジ」を選定。2018年を象徴する「ビジョナリーミント」とともに発表した。これらの色は、単に流行した色、あるいは流行する色という意味ではなく、その時代のムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した、その年の「テーマカラー」として選定されている。

 「2018年の色」である「ビジョナリーミント」(Visionary Mint、マンセル値:2.5B9/2.5、系統色名ベリーペールブルー)は、データや文書改竄、パワハラやセクハラ等々、社会が抱える負の部分が次々と明るみに出るなど、混迷を極める時代の中で、行く先を示す一筋の希望の光を象徴し、心身をリフレッシュし、清涼な気分になりたいという人々の思いを反映した色であるとのこと。

 他方、30年続いた「平成」が終わりを告げる「2019年の色」として選ばれた「アウェイクニングオレンジ」(Awakening Orange、マンセル値4.7YR6.8/11.4、系統色名ストロングオレンジ)は、英語のAwakening(覚醒・気づき)に相応しい、目の覚めるようなフレッシュな色で、明瞭な意識で新しい未来に踏み出す、前向きなエネルギーを象徴しているとのこと。 また、性別、文化、価値観などの違いを理解し、多様性を認める「ダイバーシティ」 の重要性が叫ばれているが、まさにオレンジは、温かいひだまりや、楽しく賑やかな会話を連想させる色でもあり、コミュニケーションや寛容さを、さらには、東京オリンピック・パラリンピックを翌年に控え、躍動感を演出し、生き生きとした生命の力を感じさせる色でもあるとのことだ。

アウェイクニングオレンジ
アウェイクニングオレンジ

ビジョナリーミント
ビジョナリーミント

「今年2018年の色、来年2019年の色」
https://www.jafca.org/colorcolumn/20181116.html
日本流行色協会のホームページ
http://www.jafca.org/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら