業界ニュース

2018年9月18日配信

JAFCA 新しい時代のシニアに向けたカラーを選定


 1953年の設立以来、あらゆる商品分野に向けたカラーの先行情報の選定と提案を行っている、(一社)日本流行色協会(JAFCA、宮﨑修次理事長)では、シニア世代をターゲットに、「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会(SCSG)」の活動を行っているが、このほど、新しい時代のシニア層を「アッパー・ジェネレーション“U.Ge(ユージー)”」と名付け、この世代の志向にあったトレンドカラー「U.Ge Color 2019-2020」を、2018年の敬老の日に合わせ発表した。

 これは、さまざまなトレンドカラーの選定を行う中で、増大するシニア層に向けたカラーの指針が曖昧であるという問題意識から、2016年「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」を発足。業界の垣根を越えた人たちが集まり活動する中で、先行きを見据えたシニア向けのカラーを選定しているが、これまでの高齢者、シニアという名前を改め、新しい時代のシニア層(50歳代以上)を「Upper Generation(略称U.Ge」と命名し、その世代に相応しい2019-2020年に向けた4つのトレンドカラーを選定、その中で、特に注目される2つのカラーグループを発表したもの。今後JAFCAでは、このU.Geに向けたカラーも、年に1回選定していく予定である。

 「U.Ge Color 2019-2020」の全体テーマは「水の形」。U.Ge世代には、自由で何事にもとらわれることがなく、「融通無碍」にあってほしいという思いが込められている。このうち、「湧く」は咲き誇る花のように内側から沸き上がるエネルギーをイメージした、レッド、ピンクなどの暖色系のカラー。身につけるとわくわくし、今すぐに出かけたくなるような気分が高揚するカラー。「深まる」は、テーマの「水の形」に沿ったブルー系を中心としたグループで、水面の明るいブルーから深海の暗いブルーまで、様々な人生経験を経て深い知識をもつ人を、よりクールにかっこよく見せてくれる色であるという。

 ちなみに、SCSG研究会が昨年実施したU.Ge世代の嗜好調査の結果、ピンク系とブルー系の人気が高いことがわかり、今回のカラーは、それらの調査結果とトレンドカラーの方向性を踏まえて選定されたもので、それぞれピンク、ブルーを中心に同系色の多色配色として活用することが推奨され、またイエロー系やカッパーをアクセントとして組み合わせられているという。

 なお、「U.Ge Color 2019-2020」の詳細は、11月9日(金)に開催されるセミナーで解説する予定で、詳しくはJAFCAのホームページにて発表される。



JAFCAのホームページ
https://www.jafca.org/
「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会SCSG」
https://www.jafca.org/membership/#unit-6828

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら