特集

業界ニュース

2018年9月6日配信

NIF 「第37回JAPANTEX2018」開催概要を発表


 (一社)日本インテリアファブリックス協会では、9月6日(木)、東京・浜松町のWTCコンファレンスセンターにて記者発表会を開き、来る11月20日(火)~22日(木)の3日間、東京ビッグサイト東7ホールで開催する「第37回JAPANTEX2018」の開催概要を発表した。

 今年は「Japan Style × Interior Beauty」 ―プロフェッショナルたちの祭典―、というテーマの下、約250社(585ブース)が出展する。今回の最大の見どころは国内有力ファブリックスメーカー7社(アスワン、川島織物セルコン、サンゲツ、シンコールインテリア、スミノエ、東リ、リリカラ)が出展する「Japan Premium Brand Fabric Collections」。久々にNIF会員企業が出揃い、ファブリックの魅力を訴求する。また引き続き、ICと窓装飾プランナーのダブルライセンスによるコーディネート提案「Windows Paradise2018」、デジタルプリントエリア、JAPAN DECOON in TOKYO、WTPによる専門店向けブースを展開、さらに好評のセミナー・トークセッションもさまざまなテーマで全20講座行われる。

 この他、7回目となる「建築+インテリアWEEK」として、(一社)日本能率協会主催の「Japan Home & Building Show2018」、「アジア・ファニシングフェア2018 東京」、「トイレ産業展2018」、「HOSPEX Japan」、「S-design/店舗・商業空間デザイン展2018」、「ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2018」他と合同開催、建材、設備からインテリアまで、東京ビッグサイト全館を使用して、幅広く提案する。トータルで来場者7万名を見込む。

花田実行委員長
花田実行委員長

 なお、記者発表会の冒頭で花田正孝JAPANTEX 実行委員長は、「今回はじめての開催となる国内有力ファブリックスメーカー7社が出展する「Japan Premium Brand Fabric Collections」ゾーンでは、JAPANTEXの原点に戻り、日本のファブリックスの美しさややさしさを提案するなど、内容豊かな構成を考えています。ぜひご期待ください」と抱負を語った。

「第37回JAPANTEX2018」公式サイト
http://japantex.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら