業界ニュース

2018年7月18日配信

「第39回インド衣料品展&第29回インド家庭用品展」開催中

初日の会場の様子
初日の会場の様子
開会式でのテープカット
開会式でのテープカット
インドテキスタイルのトレンド展示
インドテキスタイルのトレンド展示

 インド貿易発展局(ITPO)は、7月18日(水)~20日(金)の3日間、インドのアパレル・ホームファッション製品が集結する「第39回インド衣料品展&第29回インド家庭用品展」、および「第1回インドシルクフェア」を、マイドームおおさかにて開催中である。

 同展は、繊維製品の生産地として、品質、価格、デザインなど世界的に注目されるインドのテキスタイル企業が集まる展示会。特に2011年に締結された日本インド経済連携協定(CEPA)以降、日印間での繊維製品関連の関税が撤廃され、また昨年はインド政府が(一社)日本繊維製品品質技術センター(QTEC)と覚書を交わし品質向上にも取り組むなど、日本への輸出拡大機運が高まっている。

 その中で、「インド衣料品展」には41社、「インド家庭用品展」には18社、また今回よりシルク製品に特化した「第1回インドシルクフェア」を初開催、4社のシルク企業が出展している。
 インテリアビジネスに関連する「インド家庭用品展」は、出展者数18社と数は多くないが、ハンドメイドのラグを中心に、カーテン、クッションなど、インドらしいコットンや麻、ウールといった天然繊維を活用した素材感のある製品が展開されている。この10年は、価格的、地理的要因で中国製品におされていたインド製品だったが、ミドル、アッパー層などにハンドメイド製品の人気が高まっており、近年は日本への輸出が拡大しているという出展者が多く、日本向けにデザイン開発された製品が数多く提案されている。
 なお開催に先立ち、インド大使のスジャン・テノイ氏出席のもと開会式が行われた。

SHREE INTERNATIONAL 2012年以来7回目の出展となるラグメーカー。アメリカをメインに、スペイン、フランス、イギリス、イタリアなどのヨーロッパに輸出している。日本への輸出は全体の約2割で、近年は増加傾向が続いているという。デザイナーを6名抱え、輸出先のデザイン嗜好に合わせて開発している。今回は日本向けにデニム素材をつかったラグ、コットンとジュートを組み合わせたラグ、さらにヨーロッパ向けに開発したレザーラグなどを提案している。
SHREE INTERNATIONAL 2012年以来7回目の出展となるラグメーカー。アメリカをメインに、スペイン、フランス、イギリス、イタリアなどのヨーロッパに輸出している。日本への輸出は全体の約2割で、近年は増加傾向が続いているという。デザイナーを6名抱え、輸出先のデザイン嗜好に合わせて開発している。今回は日本向けにデニム素材をつかったラグ、コットンとジュートを組み合わせたラグ、さらにヨーロッパ向けに開発したレザーラグなどを提案している。

Spring International 7年連続出展中のラグメーカー。ヨーロッパの他、日本の輸出が約4割と比率が高い。コットン素材にプリントを組み合わせているのがデザインの特徴である。
Spring International 7年連続出展中のラグメーカー。ヨーロッパの他、日本の輸出が約4割と比率が高い。コットン素材にプリントを組み合わせているのがデザインの特徴である。

SRI GANESH TEXTILE カーテン、クッション、椅子張り、アパレルなどのテキスタイルメーカー。現在はアメリカへの輸出が90%以上だが、2回目の出展となる今回は、日本での輸出拡大に向けてパートナーを探している。ブロックプリントなどハンドメイド製品がメイン。植物モチーフによる独特なデザインをアピールしている。
SRI GANESH TEXTILE カーテン、クッション、椅子張り、アパレルなどのテキスタイルメーカー。現在はアメリカへの輸出が90%以上だが、2回目の出展となる今回は、日本での輸出拡大に向けてパートナーを探している。ブロックプリントなどハンドメイド製品がメイン。植物モチーフによる独特なデザインをアピールしている。

Riviera Home Furnishings Pvt Ltd 同展に初出展というラグ、クッション、トイレタリーメーカー。H&M、コストコ、ベッドバスビヨンドなど大手企業と取引している。日本市場については、1990年代まではGMSやホームセンターへのOEM供給で大々的に輸出してきたが、その後中国製品の伸長によって現在は大きく減少している。しかし、近年日本市場がハンドメイド製品など付加価値の高い製品を求めるように変化してきたことから、改めて日本市場への本格参入を目指している。デザイン性と品質を武器にミドル・アッパー層に訴求する。
Riviera Home Furnishings Pvt Ltd 同展に初出展というラグ、クッション、トイレタリーメーカー。H&M、コストコ、ベッドバスビヨンドなど大手企業と取引している。日本市場については、1990年代まではGMSやホームセンターへのOEM供給で大々的に輸出してきたが、その後中国製品の伸長によって現在は大きく減少している。しかし、近年日本市場がハンドメイド製品など付加価値の高い製品を求めるように変化してきたことから、改めて日本市場への本格参入を目指している。デザイン性と品質を武器にミドル・アッパー層に訴求する。

Sheeltex 7年連続出展のラグメーカー。日本への輸出は約50%で今後も拡大していく見込みという。日本向けのデザイン開発を積極的に行っている。
Sheeltex 7年連続出展のラグメーカー。日本への輸出は約50%で今後も拡大していく見込みという。日本向けのデザイン開発を積極的に行っている。

「第39回インド衣料品展&第29回インド家庭用品展」公式サイト
http://itpoigfihfosaka.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら