業界ニュース

2018年5月30日配信

インテリア・デザイン国際見本市「インテリア ライフスタイル」開催中

初日から賑わう会場
初日から賑わう会場
アトリウム会場全景
アトリウム会場全景
JAPANSTYLEエリア
JAPANSTYLEエリア

 メッセフランクフルト ジャパン(株)は、インテリア・デザインの国際見本市「Interior Lifestyle Tokyo(インテリア ライフスタイル)」を、5月30日(水)~6月1日(金)の3日間、東京ビッグサイト西1・2・3・4 ホール+アトリウムで開催中である。

 今年は30カ国・地域から810社(国内615社・海外195社)が出展、同見本市は、デザイン性の高い家具、照明、テキスタイル、ジュエリー、ファッション雑貨、キッチンツール、フードなどデザイン性の高いさまざまな分野のプロダクトが一堂に会している。

 特に注目が集まるのがアトリウム特別企画。今年は(株)メゾッドの山田遊氏をディレクターに迎え「For Here or To Go?」をテーマに展開されている。「For Here or To Go?」とは、「ここで食べるか、持ち帰るか」というファーストフード店でよく用いられる言葉で、「商談をここで詰めるか、社内で会議するか」と商売の姿勢を問いただすようなテーマ。会場では、ジュエリーや食器類、ステーショナリー、家具、テキスタイル、フード類など多彩なデザインアイテムが集結し、まさに初日から活発な商談が繰り広げられている。

 また家具、照明、テキスタイルなどのインテリアアイテムが集まる「HOME」、テーブルウェア、キッチンアイテムなどのエリア「KICHEN LIFE」、海外ブランドエリア「GLOBAL」、日本の伝統とデザインが融合したハイエンド製品が集まる「JAPANSTYLE」、北欧ライフスタイルアイテム「NORDIC LIFESTYLE」、新進気鋭のブランドが勢揃いする「NEXT」など、各出展エリアでもトレンドを捉えた最新デザインが展開されている。

山田遊氏と大野賢二氏の対談
山田遊氏と大野賢二氏の対談

 この他、西1ホール内の特設ステージでは、専門家によるセミナー・トークセッション「LIFESTYLE SALON」を連日開催中で、初日にはアトリウム特別企画バイヤー対談として、「For Here or To Go?」のディレクターである山田遊氏とコンランショップの大野賢二氏による「THE CONRAN SHOPの視点」が行われ、多くの聴講者を集めた。

DANproject
DANproject

ニーディック
ニーディック

Z+R
Z+R

「インテリア ライフスタイル」画像集(facebookページ)
https://www.facebook.com/pg/ibnewsnet/photos/?tab=album&album_id=1725336350865217
「インテリア ライフスタイル」公式サイト
https://interiorlifestyle-tokyo.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/exhibitors/welcome.html

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら