業界ニュース

2018年4月26日配信

JAFICA 「ミラノサローネ報告会2018」開催

報告会の様子
報告会の様子

 (一社)日本フリーランスインテリアコーディネーター協会は、4月25日(水)、先日イタリア・ミラノで開催された『ミラノサローネ』の報告会を「JAFICAサロン」で開催、どこよりも早い報告会に会員をはじめ、学生、デザイナー、一般ユーザーなど20名以上が参加した。

 今回、ミラノサローネ視察を行ったのは江口惠津子会長、大河原さおり氏、永島美代子氏、五位淵富子氏、濱中恵理氏、北村壽子氏のJAFICA正会員6名で、それぞれが独自の目線で解説した。

 まず渡航経験豊富な江口惠津子会長は、ヴェネツィアからミラノ入りし、町全体の説明や自身のアウトドア好き目線での解説、特にアウトドアキッチンが目についたこと、これからはアウトドアリビングの時代であることを説明した。
 モデルルームディスプレイのスペシャリストである大河原さおり氏は、家具や照明、小物にいたるまでをトレンドを説明、店舗設計もしている永島美代子氏は、サローネの成り立ちを説明するとともに、サローネ会場の会場計画がしっかりしていて、日本とイタリアの展示の違いを細かく説明した。
 今回が初めてのサローネ参加であった五位淵富子氏、は、サローネ行きへの自身の計画順序を説明するなど、今後サローネ行きを計画する者にとって大変参考になる情報を提供した。
 また、こちらも渡航経験豊富な濱中恵理氏は、ジョルジオ・アルマーニのプレス向けパーティーでの様子を説明した。今回特別会員でもあるアルマーニからの特別招待で、日本人ではJAFICAのみが参加できたとのこと。報告会ではアルマーニ/カーザの家具や小物、今年のテーマ色などを細かに説明した。
 最後にキッチンデザインのスペシャリストの北村壽子氏は、長年にわたりサローネを見てきた変遷や、キッチンがコミュニケーションの場になっていること、キッチンカウンターにあえてリムをつくり、天板や水栓まで隠してしまうということが特に目立った、レンジフードもとてもカッコよくオシャレなものが多いが、日本では消防法で使えないこと、カウンター素材により見せ方の違いなどを説明した。

 今回の報告会は6名が発表分野を分け、帰国したばかりにも関わらず、それぞれが膨大な写真の中からチョイスし解説を行うという、大変内容の濃いものとなった。

JAFICAのホームページ
https://www.jafica.org/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら