特集

業界ニュース

2018年4月2日配信

「DESIGNART TOKYO 2018」10/19から都内各エリアで開催へ

記者発表会
記者発表会

 デザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO 2018」(主催:同展実行委員会)が、10月19日(金)~28日(日)の10日間、「Emotions~感動の入り口~」をテーマに、表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿など、都内各エリアで開催される。

 「DESIGNART」は、青木昭夫、川上シュン、小池博史、永田宙郷、アストリッド・クライン、マーク・ダイサムの各氏を発起人に、昨年、若手気鋭デザイナー&アーティストから世界の有名ブランド企業まで、業界の垣根を越えて、72会場・約200組が参加して初開催され、期間中、台風の影響を受けながらも、約4万2500人が来場するなど大きな反響があり、16組の異業種協業に結びついたほか、会期中展示されたデザインプロダクトや、100万円以上するアート作品の販売に結びつくなどの成果もあったという。

 低価格な大量生産品が氾濫する一方、ハンドメイドや職人の技にも注目が集まる現代の東京(日本)は、アーツアンドクラフツ運動が起こった19世紀の英国と似ており、主催者側では、この「DESIGNART」をぜひ30年は続けたいとしている。そこで、開催2回目となる2018年は、名称に「TOKYO」を追加、将来、ロンドンやパリ、ニューヨークなど、海外での開催も意図した名称に変更。前年の1.5倍の規模となる、参加100カ所、来場7万人、200媒体への掲載を目標としている。

 今年は、パートナーカントリーに、外交関係樹立150周年のスウェーデンを迎え、ワールド北青山ビルにおいて、「Swedish Design Moves Tokyo 2018」の一環として、「Young Swedish Design 2018」に選出された同国の若手デザイナーによる作品を展示する。さらに、全体の顔となる、「DESIGNART Feature」には、アーティストの藤元明氏と建築家の永山祐子氏を起用し、開催テーマに沿ったインスタレーションを展開する予定であるという。
 「DESIGNART」では、日本を中心としたクリエイティブ産業の活性化のため、暮らしを豊かにするアート作品やデザインプロダクトを紹介しつつ、大型のインスタレーション作品をのぞいて極力プライスをつけ、参加者が気軽に買えるよう、インテリアローン、ショッピングクレジットを推奨する。また、会期中、世界中の人々が感化しあえる「ペチャクチャナイト」など交流の機会も設けられるほか、若手デザイナー・アーティスト支援の一環で「UNDER30」枠を創設。30歳以下のクリエイター5組を選んで、無料で作品発表の場を提供する。

 なお、「DESIGNART TOKYO 2018」の出展者エントリーは、4月30日(月祝)が締め切りとなっている。詳しくは下記まで。

発起人たち
発起人たち

出展者エントリー
http://designart.jp/entry/
「DESIGNART TOKYO 2018」公式サイト
http://designart.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら