特集

業界ニュース

2017年12月21日配信

家庭用室内ブラインドひもに関するJISが制定

ブラインドの例
ブラインドの例
セーフティージョイントの例
セーフティージョイントの例

 経済産業省・日本工業標準調査会(JISC)は、12月20日、家庭用室内ブラインドひもに関するJIS規格として、JIS A4811「家庭用室内ブラインドに附属するコードの要求事項-子どもの安全性」を制定した。

 家庭用室内ブラインドのひも(コード)は、偶発的に子どもの首に絡まるなどして事故原因になる懸念がある。欧米では安全性に関する規格がすでに制定されているが、国内では警告表示などの業界自主基準は存在するものの公的規格がなかったことから、JIS化が求められていた。

 今回制定された要求事項は、「子ども(6才未満)が背伸びして手が届く範囲にひもがないこと」、「ひも等によって形成されるループ(輪のような形の閉構造)が子どもの顎の高さまで無いこと」、「子どもの頭部が挿入可能なループが無いこと」、「一定の荷重によって、ひもが分離する機能(セーフティージョイント)を持つこと」等、少なくともどれ 1つを満たすよう規定している。また、これらの要求事項には具体的な数値を定め、日本の6才未満の子どもの身体寸法を基に安全率を考慮して決めている。
 さらに、子どもの手が届く高さにひもがなかったとしても、近くにベッドやソファがある等、使用環境によって子どもの首に絡まるリスクが高まるが、このようなリスクを低減するべく使用者への注意喚起のため、JIS ではその旨を取扱説明書等にわかりやすいイラストを含め記載するよう求めている。
 なお詳細は日本工業標準調査会のホームページで確認できる。

日本工業標準調査会のホームページ
http://www.jisc.go.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら