業界ニュース

2017年12月19日配信

「オートカラーアウォード2017」グランプリにヤマハ発動機

表彰式の様子
表彰式の様子

 (一社)日本流行色協会(JAFCA)が優れた車両のカラーデザインを顕彰することを目的に毎年開催している「オートカラーアウォード2017」(主催:同実行委員会及び(公財)横浜市芸術文化振興財団)の公開プレゼンテーション及びグランプリ発表・表彰式が、さる12月15〜16日、神奈川県横浜市の横浜美術館で行われ、グランプリにヤマハ発動機(株)「MT-10/MT-09/MT-07」(テーマ:受け入れられる非常識 “Night Fluo”/カラー:ブルーイッシュグレーソリッド4/担当デザイナー:安田将啓氏、片平憲男氏)が選出された。これは、20年にわたる同アウォードの歴史において、二輪車で初のグランプリ受賞となった。

 1998年の第1回開催から、今回で20年の節目を迎えた「オートカラーアウォード」は、“Good Color forGood Car/いい車は色が美しい”のモットーのもと、車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価することを目的に開催され、審査にあたっては、一般審査委員の投票に、JAFCA自動車色彩分科会審査委員10名、オートカラーアウォード審査委員(島村卓実氏(Qurz〈クルツ〉Inc.)、松田朋春氏(ワコールアートセンター)、大澤かほる(JAFCA) )の投票を加算して決定された。

 受賞の理由について、審査委員会では、「通常、タンク部分が目を引くというバイクのデザインの中で、タイヤに注目させるという発想が新しく自由な印象をうける。バイクのカラーリングでは、チッピング(欠け落ち)による汚れがあることから、ホイール部分に色をつけることはタブーとされてきたが、マーケットを意識しすぎず、デザイナーが自分の意志でその常識をくつがえした。タイヤのブラックと対比させることで、より鮮やかに見せたイエローと、タンクのソリッドグレーとの組み合わせは、その形とあいまって、これまで見たことのない新しいセンスを感じさせる。新しい色彩調和に挑戦したデザインは、20年という節目を迎えた今回のオートカラーアウォードに相応しいといえる」としている。

【ヤマハ発動機のコメント】
 「“自由に楽しむ、自在に操る” MTシリーズのユニークな世界観を強調するために、クールでインパクトの強いカラーデザイン に仕上げました。ソリッドグレーはチープに見える可能性があり、リスクの高い色ですが、尋常ではないインパクトを 狙うため、塗装による装飾的要素を排除しシリアスさを表現する色として開発しました。足回りにアクセントカラーのアシッドイエローと合わせることで、MTシリーズの“機能性”,“ファッション性”の両立を狙ったカラーデザインになっています」

グランプリのヤマハ発動機「MT-10/MT-09/MT-07」(テーマ:受け入れられる非常識)
グランプリのヤマハ発動機「MT-10/MT-09/MT-07」(テーマ:受け入れられる非常識)

日本流行色協会のホームページ
http://www.jafca.org/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら