特集

業界ニュース

2017年1月29日配信

中沢トータリア 「2017年新春インテリアビジネスセミナー」開催

セミナーの様子
セミナーの様子
坂田夏水氏
坂田夏水氏

 中沢トータリア(株)は、1月28日(土)、埼玉県熊谷市の「ソシオ熊谷」にて、恒例イベントである「2017年新春インテリアビジネスセミナー」を開催した。

 今年のテーマは、「~2020年まで“3年間”でやるべきこと!~」。日本経済、及び日本のインテリア市場は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までは比較的堅調に推移していくが、それ以降は危機的状況になるものと予測されている。その意味で、今から2020年までの3年間が新たな方向性を見出し、ビジネスモデルを構築する勝負どころといえる。「~2020年まで“3年間”でやるべきこと!~」は、こうした主旨の下に設定されたテーマであり、森田雅美氏(創造経営センター代表)、そして新たなインテリアマーケットを切り拓いて注目を集めている夏水組代表の坂田夏水氏を講師に招いて行われた。

 第1部の森田氏は、この3年間の展望として、アメリカ・トランプ大統領による政策転換により世界経済、そして日本経済に及ぼす影響を予測、2017年については上向くものの、アメリカ経済の減速によって円高株安が進む他、保護主義の進行で生産拠点の海外比率が高まるという厳しい見通しを示した。それとともに高齢化や人口減といったマイナス要因も重なるが、一方で高齢者消費の活発化、スマートフォンによるネット通販市場の拡大、AI、IoTといった新たな産業の登場などプラス材料も多いと指摘した。その中で、インテリア業者がすべきこととして、(1)量に頼らない経営、(2)計数管理の強化、(3)人材育成、(4)新市場・顧客・商品の開発という4点を掲げ、それをいかに実行するかが重要だと説いた。

 続く第2部の坂田夏水氏は、「夏水組流ハウジングトレンド」と題して、現在急拡大しているDIYマーケットの現状、カスタマイズ賃貸・オーダーメイド賃貸といったストック住宅市場の新動向、不動産業者とのコラボレーション実例など、第1部で森田氏が指摘した新市場・顧客開発という観点から、自身が展開するビジネスを紹介した。特にDIYについては、敵視するのではなく顧客と同じ目線で取り組むことが不可欠であると参加者に訴えた。

中沢トータリアのホームページ
http://www.e-house.co.jp/n-totarior/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら