業界ニュース

2010年3月30日配信

2010秋冬JAFCAレディスウェアカラー テーマは“Purify――浄化”

(財)日本ファッション協会/流行色情報センター(JAFCA)によると、2010年秋冬シーズン向けのレディストレンドカラーは、リーマンショック後の世界不況を受け、原点回帰を志向するというインターカラーの予測に同調。原点回帰を象徴する白・黒・グレーの無彩色モノトーン系の色をベースに、赤をはじめとする強い色を大胆に組み合わせるコントラスト配色を推奨するなどとしている。
JAFCAレディスウェアカラーのテーマは、“Purify(浄化)”。これは、気分を浄化(原点回帰)させて、新たなステージに向かうという意図を表現するもので、具体的に次の5つのカラーグループを選定している。
(1) passion(情熱)……ピンク、オレンジを含む情熱的な赤系バリエーション。
(2) genuine(本物の)……白・黒・グレーの無彩色モノトーンのグループ。
(3) serenity(静けさ)……穏やかで濁りのないカラードグレーのグループ。
(4) fluid(流れるような)……ベージュ~ブラウンにかけてのアースカラーが継続。
(5) bounce(はずむ)……健康感あふれる鮮やかなアクセントカラーのグループ。
また、同時に発表されたJAFCAメンズウェアカラーも、Departure(旅立ち)をテーマに、原点から新しいステージへの出発を表現。「原点」(Origin)→「再生」(Rebirth)→「活性」(Activation)という3つのステージを次の3つのグループで表現している。
(1) Origin――yin & yang(陰陽)……色の原点を象徴する、モノトーン系無彩色。暗めのニュートラルカラー(陰)と、明るいニュートラルカラー(陽)。
(2) Rebirth――vintage & ecology……再生の象徴として、ブラウン系のアースカラーとミリタリーカラーのカーキ、オリーブが継続。
(3) Activation――reds & blues……アクセントカラーは、情熱的なレッド系と沈静感のあるブルー系に絞り込んだ。

■2010秋冬JAFCAレディスウェアカラー



なお、プロダクツ&インテリアカラーは、「By and By――for tomorrow」。色のインパクトで、いまの自分が生きる実感を楽しめる空間、明日への英気を養える空間を創造して欲しいとの願いから、ニュアンスのある白やライトグレー、ブルー系とレッド系、ゴールドなど、感情にインパクトを与えると同時に穏やかなニュアンスの色を選定している。
(JAFCAトレンドカラーの詳細は、本紙4月15日号を参照)

■2010プロダクツ&インテリアカラー



JAFCAのホームページ
http://www.jafca.org/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら