特集

コントラクトニュース

2018年3月12日配信

ミレニアル世代に特化した宿泊施設「The Millennials Shibuya」開設

独自開発の客室「スマートポッド」
独自開発の客室「スマートポッド」
ラウンジ
ラウンジ
コワーキングスペース
コワーキングスペース

 首都圏を中心に35棟・約2000戸の「ソーシャルアパートメント」を展開する(株)グローバルエージェンツは、主力事業の1つであるライフスタイルホテルの5棟目で、ミレニアル世代向けに特化した宿泊施設の2号店「The Millennials Shibuya(ザ・ミレニアルズ)」の2号店を、3月15日(木)、東京都渋谷区神南1丁目にオープンする。

 主に1980年代以降に生まれたミレニアル世代は、デジタルネイティブとも言われ、世界的には人口の1/3を占め、消費の大きな一翼を担うことでも注目されており、所有とシェアを合理的に判断して使い分け、多様な考え方を受け入れ、身軽さと自由さを求めるという。「The Millennials」は、既存のホテルやオフィス、住居といった定義にとらわれず、合理性と多様性、自由を追求した複合型宿泊施設。昨年1月、京都河原町三条にオープンした1号店には、既に世界から1万人の宿泊客があるという。

 京都に続く2棟目の渋谷は、J-REITである日本リテールファンド投資法人が保有する10階建てのビルの3階以上をリノベーションし、開業するもの(施設面積1225平米、総投資額:約5億円)。5~10Fは客室フロアとなり、世界から注目を集めるカプセルホテルを応用した独自開発の客室「スマートポッド」120ユニットを配置。天井高2.3m×床面積3平米の空間に、iPodで操作できるセミダブルサイズの電動リクライニングベッド、大型キャビネットなどを搭載しており、うち20ユニットは、Jun Oson、WALNUT、WASHIO Tomoyukiといった20人の著名アーティスト各氏が自由な発想でアートを描いた「アートポッド」とし、また30ユニットは、客室のスクリーンを使って映画の視聴などが可能な短焦点プロジェクター付きとするなど、未来志向の宿泊体験を提供していく。平均客室単価は6000円前後。
 このほか、4Fにはフロントおよびセルフキッチン付きのラウンジを設け、宿泊客どうしの交流を促進していく。さらに、3Fワンフロア全体が宿泊客や専用会員が利用できるコワーキングスペースとなっており、貸し切りのバンケット利用も可能であるという。

「The Millennials Shibuya」公式サイト
https://www.themillennials.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら