特集

コントラクトニュース

2016年4月9日配信

自転車好きのためのソーシャルアパートメントに大反響


ラウンジイメージ
ラウンジイメージ
ラウンジイメージ
ラウンジイメージ

 首都圏を中心に、隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」34棟・約1800戸を展開する、(株)グローバルエージェンツ(山崎 剛社長)では、「自転車と暮らす」をテーマに、感度の高い若者の入居者層を想定し、ラウンジに自転車を乗り入れることができる、いままでにない仕掛けを導入した、35棟目の物件「NEIGHBORS 二子玉川」(鉄筋コンクリート造4階建て)を、東京・世田谷区に5月1日オープンする。

 「ソーシャルアパートメント」とは、賃貸マンション内にラグジュアリーなラウンジを設置することで、住まう人の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った新しい共同住宅で、従来型のワンルームマンションとも、昨今同じく注目を集めているシェアハウスとも異なる新しい居住スタイル。東京都からも助成金対象事業に認定されるなど、昨今の近隣付き合いの希薄化した社会において非常に注目を集めている。
 同社では、「NEIGHBORS 二子玉川」について、自社ポータルサイトに情報公開しているが、1カ月で既に約100件の入居検討の問い合わせがあるなど、大変高い反響を得ているとのことで、順次内覧会を実施し、オープン後2カ月以内で全75戸の満室を目指すとしている。

 「NEIGHBORS 二子玉川」では、自転車を直接乗り入れることができる共用ラウンジの仕掛けのほかにも、最大15人が着席可能な円形のソファが特徴のシアタースペースには、天吊り型の 120inch電動式スクリーン、サラウンドスピーカー完備。24時間いつでも利用できるワーキングラウンジや、お酒を片手にビリヤードを楽しめるスペース、ラウンジに併設しBBQも楽しめる屋外テラス、間接照明を中心に設計された空間に大型のユニットバスやマッサージチェアなどを設置したヒーリングスペースがある。

 なお、居室は全75戸のバス、トレイ、ミニキッチン付のスタンダード1Kタイプ。「交流は楽しく、プライベートはしっかり」。このソーシャルとプライベートの両立がシェアハウスとの大きな違いであるという。

「ソーシャルアパートメント」ホームページ
http://www.social-apartment.com/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら

インテリアビジネスニュース 2017年3月25日号発行!

[専門店情報] ワールドルーム(沖縄県沖縄市)
 → 売場、縫製加工、提案力 目指すは王道の専門店
[トレンド情報] エディターの動向-2(ヒデキ&越川氏)
その他、業界情報・新商品情報
インテリアビジネスニュース3月25日号の詳細はこちら

sponsored by