特集

トップニュース RSS

2014年7月31日

6月の新築着工戸数 4カ月連続対前年減少の7万5757戸

国土交通省が発表した6月の新設住宅着工戸数は、7万5757戸(前年同期比9.5%減)と4カ月連続で対前年比減少となった。季節調整後の年率換算は88万3000戸だった。
種別では持家が2万4864戸(同19.0%減)と5カ月連続の減少、貸家が3万1058戸(同1.8%増)と16カ月連続の増加、分譲住宅は1万9415戸(同11.9%減)と5カ月連続の減少となった。また分譲住宅のうちマンションが7745戸(同24.5%減)と5カ月連続の減少、一戸建住宅は1万1491戸(同1.4%減)と2カ月連続の減少となった。

地域別戸数
■首都圏 総戸…

特集

2014年7月7日配信

【連載】Interian Color――当たり前の色
(社)日本パーソナルカラリスト協会 渡部尚子氏


東京近郊だけなのでしょうか、数年前からJRの車両に黒い吊り革が採用されています。最初にその車輌に乗ったとき、ものすごい圧迫感を感じました。頭の上に濃い色があると、何か物が落ちてきたような、そんな危機感をも感じます。なぜ、このような色にしたのでしょうか。これには諸説あるようですが、「通勤車両として、車内空間が引き締まる効果を狙った」「整然と並んでいるイメージを呼び起こす」「すぐに吊り革をつかめるように目立たせた」「汚れを目立たなくさせた」「使われる素材(材料)の都合により」など。黒というのは「高級感・モダン・威厳」というイメージのほかに、「硬い・重い・暗い・閉鎖的」というマイナスのイメージがありますので、私にとってはこの電車の吊り革はマイナスのイメージが先にたってしまった、ということなのでしょう。

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちらこちら